「終 活」について

      終活とは、誰にでも訪れる人生の終わりのための活動

      自分の死と向き合い、自分らしい最期を迎えるための準備 

      残される家族ためにおこなう準備

      そのためには、以下3つの最低限必要なことがある

      死と向き合いながら限りある時間を大切に!

1.エンディング    ノートを書く

エンディングノートには何を書くか、書かねばならないかのような決まり事はなく、また情報量も自由ですが、大事なのは自分の死後に残された者にかかる負担を抑えることに大きな意義がある

*法律的な効力はない

2.遺言を書く

 

 

遺言書は遺産相続が争族にならないよう、円滑に進めるための手段(残された家族がもめないようにするための準備)

費用が掛かるが公正証書にするのがベスト

3.葬儀・墓を決める

自身の終焉の形や残された家族に心配や負担を掛けたくないという理由から、事前に葬儀の形や費用等について決めておくことが重要になりつつあります

方法として、葬儀の生前予約もある(葬式の形式:一般葬・家族葬など)お墓についても同様(納骨方法・場所)